インデックス運用と現金運用

ヘッジファンドは常に利益を出さなければならないという、非常に難しい目標を持っています。そのため、その目標の達成のためには通常のファンドでは行われないような金融戦略というものを用いて臨むことになります。ここではそのヘッジファンドの用いる金融テクニックの1つとして、「マーケット・タイミング戦略」というものについて見ていきたいと思います。

株式取引を行う場合、どのタイミングでその株式を購入するのか、というのは運用益に対して大きな影響を与える重要なポイントです。買い時を間違えれば利益どころか損失を出してしまうことになりますから、このタイミングを見計らう事が重要です。
ロングオンリーと言われる投資方法だと、これを見極めている間に行える取引がないため、その機会を伺っている間の投資活動というのが滞ってしまう傾向にあります。マーケット・タイミング戦略では、この時間を無駄にしないように、タイミングを見計らいながらも投機を行って資産を増やすようにしていく方法です。

そのため、ヘッジファンドでありながら安全性を持ちつつ、より高い効果での投資を行なうことができるというのが大きなポイントとなっています。インデックス運用と現金運用のベストミックスを行なう方法です。

NISAの特長と、その具体例

「株や投資信託など投資を始めて見たいが、税金が増えたり何かと面倒そう…」

投資活動を始めるにあたって、このような不安を持っている人もいらっしゃるでしょう。投資を今から始めるのであれば、とても良い時期であることをご存知でしたか?

2014年2月現在、理由としては今年の1月にNISAと呼ばれる小額投資非課税制度がスタートしたからです。NISAとは毎年100万円までの投資額であればその運用益や配当金が非課税になるという制度のことです。

特長を具体例と合わせてご紹介しましょう。

例えば、A社の株を100万円分購入したとします。A社は企業努力によってその株価が1年間で2倍にまで跳ね上がったとしましょう。その場合、もともとあった資産は100万円から200万円となります。

同時に利益が100万円発生するのですが、通常の投資であればこの100万円に対して20.315%の税金が課せられます。つまり20万円を税金として支払わなければならないということです。

一方でNISAを使った投資であれば、100万円の運用益が出ても税金が課せられません。その年に200万円投資して300万円の利益が出ても非課税です。

これがNISAの特長です。税金を抑えられることが出来ます。

もっと詳しく勉強するならこちらの記事へ!
注目を集めるNISAについて~5分で分かるまとめ編~