コツコツと資産づくりができる不動産投資

景気があまりよくない日本では、資金づくりは大変になっているといわれています、銀行預金を行なっても満足した利息がつかず、株を購入しても値上がり益が得られるようになるとは限りません。そのことから、効率よく資金づくりを行なうために、投資を活用するといったことが行われるようになっています。

投資であるなら、大きな利益をつくことができるようになります。この場合は、銀行預金や株では得ることができないような大きな利益を得ることも可能といってよいでしょう。しかし、投資は、リスクが高いことが問題とされています、投資失敗してしまったときは、せっかく蓄えた資産を失ってしまうといったことにもなるのです。

いまこのようなリスクを軽減する方法として、不動産投資が行われるようになっています。不動産投資ではバブル時代に行ってきた売買によって利益を得る方法ではなく、賃貸によって利益を上げる方法が注目されています。

この方法では、高い利回りが得られるようになり、安定した資金づくりようになります。

特に海外においては海外不動産を活用した投資が行われるようになっています。マンションやコンドミニアムを買って賃貸を行なう方法が増えています。賃貸であるなら海外不動産でも安定した資産づくりができるのです。

海外不動産については以下の記事もご一読されることをオススメします。
「富裕層のための不動産投資ナビ」http://www.ludlowcolonialcondos.com/
↑海外不動産投資の特長を解説しています。

下がる相場のリスクコントロールに

一括購入ではなく複数回に渡って購入を行う投資において、良く議論の俎上に上がるのがドルコスト平均法という投資の考え方です。ドルコスト平均法というのは毎回の投資について、株数ではなく購入金額をベースとして考えていくというものですが、実際のところドルコスト平均法の効果はどう現れるのでしょうか?

ここでは仮に投資先が変動を行いながら右肩下がりになっている場合について考えていきたいと思います。大前提ではありますが、流石のドルコスト平均法でも右肩下がりの相場から利益を挙げることは出来ません。ここで考えるのは、その場合の損失をどのように抑えるか、ということです。

毎月一定の株数を購入する方法の場合は、相場が上がっている時も下がっている時も同じだけの株を購入することになります。そのため、その後下がっていくことを考えると、上がっている時にも買っていることからして損になる割合が大きくなります。
ドルコスト平均法を用いた場合、相場が上がっている時には購入する株数が少なくなります。逆に下がっている時には多く購入することになるため、最終的には保有している株数は多くなりますが、支払った金額は少ないという状態になりやすく、損失を抑えることが出来ます。

少ないリスクで大きな資産の作り方

日本は景気があまりよくない状態が長くつづいています。バブル崩壊後からは、デフレ状態も続いていることから、物価が上がらず、企業業績の上がらないといった状況が、もう20年もつづいているのです。

しかし、最近は、アベノミクス効果が出てきたようで、土地や株価の上昇が見られるようになっています。それでも完全な景気回復とはなっていないことから、銀行の金利はまだ低く、資金形成においては苦労しているといった人が多いようです。このような状態が長く続くようになると、他の方法で資金形成を検討する必要があるといわれています。

いま比較的に安定した資金づくりができる投資方法が注目されています。積立投資は毎月決めた金額で投資する方法です。この投資では、無理なく資金づくりができることが人気とされ、投資リスクや投資ストレスが少ないことが特徴とされています。これは景気がよくない日本においては資産形成に最適な方法とされています。

積立投資はドルコスト平均法による大きな資産形成が可能とされています。特に海外積立投資では、海外の良好なファンドを活用するため、より高い利回りが期待できるようになるといわれています。この投資方法は、少ないリスクで大きな資産づくりができるようになります。

複利の効果をより高めるためのポイント

資産運用を行うならば断然長期投資で複利の効果を活かすべきです。複利のメリットを資産運用に活かして複利効果をより高めるためには初期投資を大きくした方が良いです。

たとえば20歳になった時に5万円、10万円をそれぞれ年利5%の利回りで30年間運用したとします。それで見てみると、5万円は21.6万円、10万円は43.2万円になります。最初はたったの5万円の差しかなかったものが、30年経過した時には差額が21.6万円も開いてしまうことになります。もちろん、この当初の運用資金は大きければ大きいほど複利の効果によって増える金額が大きくなります。

また、利息は年々資産に対してつけられていくので、長い目で見て資産運用を行うのであれば早ければ早い内にはじめた方が良いです。60歳に向けて資産運用を行うのであれば20歳の段階で40年間運用することができますが、50歳の段階で運用するならばたったの10年間しか運用することができません。当然50歳から運用を開始した場合の方が複利の効果が小さくなってしまうものですから、不利になります。

若い方は高齢者に比べて資産は少ないですが、その分、時間を味方に付けることはできます。高齢になればなるほど資産は増える傾向にありますので初期投資を増やして利幅を増やすようにすることが成功への一歩です。

海外投資はどこの国に投資したら良いか

アベノミクスの影響で日本経済が一時的に景気が上向きになりましたが、将来的なことを考えるとまだまだ懸念は残る、という方も多いので、これまで日本国内の企業に投資をしていた方も、徐々に海外投資を検討するようになってきたようです。
海外投資は純粋な値上がり益の他にも為替変動による為替差益も期待できますので、非常にチャンスがあります。

とはいえ、世界は広いですから、日本と同じように経済的に苦しい国もあれば、それ以下の国もあります。きちんと国のことまで調べて、将来が期待できる国に投資をしないと意味がありません。

では、どのような国に投資をすると良いのでしょうか。
前提としては長期的に成長が見込める国です。たとえばアメリカやカナダ、オーストラリアのように移民が多く、内需の拡大が期待できる国が安定します。
もともと日本も国内のお金の巡りが非常に活発でしたが、バブルが弾けてからというものの、少子高齢化が進んでしまいました。少子化は特に深刻で、近年では出生率も低下しており、2050年には日本の人口は1億人を下回るのでは、という予測まであります。
人口が減れば必然的にマーケットは縮小されます。そのため、日本のように人口が減る国よりも移民を受け入れ、人口が増え続ける国が手堅いでしょう。

インデックス運用と現金運用

ヘッジファンドは常に利益を出さなければならないという、非常に難しい目標を持っています。そのため、その目標の達成のためには通常のファンドでは行われないような金融戦略というものを用いて臨むことになります。ここではそのヘッジファンドの用いる金融テクニックの1つとして、「マーケット・タイミング戦略」というものについて見ていきたいと思います。

株式取引を行う場合、どのタイミングでその株式を購入するのか、というのは運用益に対して大きな影響を与える重要なポイントです。買い時を間違えれば利益どころか損失を出してしまうことになりますから、このタイミングを見計らう事が重要です。
ロングオンリーと言われる投資方法だと、これを見極めている間に行える取引がないため、その機会を伺っている間の投資活動というのが滞ってしまう傾向にあります。マーケット・タイミング戦略では、この時間を無駄にしないように、タイミングを見計らいながらも投機を行って資産を増やすようにしていく方法です。

そのため、ヘッジファンドでありながら安全性を持ちつつ、より高い効果での投資を行なうことができるというのが大きなポイントとなっています。インデックス運用と現金運用のベストミックスを行なう方法です。

NISAの特長と、その具体例

「株や投資信託など投資を始めて見たいが、税金が増えたり何かと面倒そう…」

投資活動を始めるにあたって、このような不安を持っている人もいらっしゃるでしょう。投資を今から始めるのであれば、とても良い時期であることをご存知でしたか?

2014年2月現在、理由としては今年の1月にNISAと呼ばれる小額投資非課税制度がスタートしたからです。NISAとは毎年100万円までの投資額であればその運用益や配当金が非課税になるという制度のことです。

特長を具体例と合わせてご紹介しましょう。

例えば、A社の株を100万円分購入したとします。A社は企業努力によってその株価が1年間で2倍にまで跳ね上がったとしましょう。その場合、もともとあった資産は100万円から200万円となります。

同時に利益が100万円発生するのですが、通常の投資であればこの100万円に対して20.315%の税金が課せられます。つまり20万円を税金として支払わなければならないということです。

一方でNISAを使った投資であれば、100万円の運用益が出ても税金が課せられません。その年に200万円投資して300万円の利益が出ても非課税です。

これがNISAの特長です。税金を抑えられることが出来ます。

もっと詳しく勉強するならこちらの記事へ!
注目を集めるNISAについて~5分で分かるまとめ編~